Loading

活用事例

オープンデータを活用したアプリやサービス、関連する催しの実績などを紹介します。

掲載数 5

開発者:田嶋智洋さん
豊橋市の観光地案内アプリ。Twitterと連携し、より身近な地域情報を得ることができ、避難所やAED設置場所のマップも搭載しています。日本語のほか、英語、韓国語、中国語、マレー語、タイ語、インドネシア語と7言語に対応しています。
本アプリでは、豊橋市が提供する「避難所」(クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本)と「AED設置施設」(クリエイ...

開発者:辻大地さん
豊橋APIは、豊橋市が公開しているオープンデータを簡単に取り扱えるようにするためのシステムで、便利なアプリ・サービスの開発を活発化し、豊橋市民の生活が便利になることを目指しています。
具体的には、以下のAPIを公開しています。

  • 施設検索API
  •  豊橋市オープンデータの施設データから指定した条件に一致する施設...

豊橋駅の在来線改札口前に設置されたデジタルサイネージでは、豊橋・東三河エリアの情報等を配信し、駅を利用するみなさんに、豊橋のまちの魅力をお伝えしています。
この情報の一部は、本サイトに掲載されたオープンデータを活用し、作成されたものです。例えば、以下のようなコンテンツをご覧いただけます。

  • 豊橋カレーうどんマップ
  • 豊橋妖怪マップ
  • ...

地元で活躍するIT・ものづくり系のエンジニアや大学の研究者、行政職員などがアフターファイブに集い、ITを使ってまちづくりに貢献することとIT産業の発展を目的に、ミーティングやイベントを定期的に開催しています。
平成28年度は、「ブラトヨハシ/ブラタハラ 街歩きで、街の魅力発見発信!」と題し、みんなで作り込むことができるweb上の辞書Wikipediaや、地図Open Street...

豊橋市内の3大学(愛知大学,豊橋創造大学,豊橋技術科学大学)の学生が中心となり、知恵と技術を出し合って「まちの課題解決」「まちを活性化」のアイデア出しからプロトタイプの製作までを行なうイベントです。「まちづくり」に興味を持っている人、他大学と交流したい人、他の専門性を持った人とコラボしてみたい人、単にイベント好きな人などな ど大歓迎です!
平成29年度に第2回の開催を予定していま...