Loading

このサイトについて

1. オープンデータポータルサイト「Open Data TOYOHASHI」について

 豊橋市オープンデータポータルサイト「Open Data TOYOHASHI」(以下、「本サイト」という。)は、豊橋市及び東三河地域の自治体をはじめ、大学・企業・市民活動団体等の皆さんが保有するオープンデータを公開し、その活用を促進するための専用サイトです。地域に関する多様な種類のデータを揃えることで、それらデータを相互に連携させて新たな価値を生み出したり、地域課題の解決に繋げることを目指しています。
 本サイトでは、掲載データを横断的に検索しダウンロードすることが可能で、ダウンロードしたデータはその利用ルールに従って二次利用することができます。詳しくは、「このサイトの使い方」を参照してください。

2. オープンデータ推進の取り組み

 豊橋市は、以下の4点を目的とし、オープンデータの蓄積・利活用に取り組んでいます。
   (1)行政の透明性・信頼性の向上
   (2)公的データの共有及び協働による地域課題の解決
   (3)経済活性化・新事業の創出
   (4)業務の高度化・効率化

「オープンデータ」とは、誰もが活用しやすいよう機械判読に適したデータ形式※1で、二次利用可能な利用ルール※2のもとで公開されるデータのことです。許可されたルールの範囲内で誰でも自由に複製・加工、広く配布すること等ができるデータをいいます。

※1 機械判読に適したデータ形式
 コンピュータプログラムが自動的にデータを再利用(加工、編集等)できるよう、データの論理的な構造を識別し、構造中の数値やテキストなどの処理がしやすいよう配慮されたデータのことです。csvやxml、rdfなどのファイル形式が一般に利用されています。詳しくは こちら (総務省)を参照してください。

※2 二次利用可能な利用ルール
 総務省をはじめ様々な機関が取り組むオープンデータ推進に係るライセンスは、一般的に、国際的にも通用するクリエイティブコモンズライセンスが採用されています。同ライセンスはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。詳しくは、このサイトの使い方を参照してください。